福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターは、福祉の視点で生活空間を見直すための資格。

リフォームした部屋の写真

高齢になっても住み慣れた自分の家で暮らしたいと
思っている人、病気になったり障害が出ても安全な
生活を送りたい人はたくさんいます。
このような人たちのために、
福祉住環境コーディネーターが手助けをします。

資格取得者は、高齢者や障害者が住みやすい環境を
整備する企業や専門職と連携を取ります。
企業は工務店やリフォーム業者、介護用品などを
扱っている企業。
専門職は、ケアマネージャーなどです。

福祉住環境コーディネーターは、依頼者と企業・専門職とのパイプ役になり、アドバイスやコーディネートをして、依頼者に適した住宅を作り上げます。
依頼者のニーズを基にして、バリアフリー住宅の新築と建て替えやリフォームも行います。
また、住宅によっては取り付けられない福祉機器があった場合でも、不自由なく住環境を整える必要があります。

福祉住環境コーディネーターは、高齢化社会を迎えるにつれて、様々な分野から注目されている資格。
特に医療系や建築系などからの期待が高く、今後はさらに重要度が増していくと考えられています。


inserted by FC2 system