福祉住環境コーディネーターの概要・種類

福祉住環境コーディネーターは、東京証拠会議所主催の認定資格。
種類は、以下の3つがあります。

■3級
3級は、福祉の面から見た住環境について、基本的な知識を理解しているレベル。

■2級
2級は、さらに実務的なレベルで、他の職種との連携が重視されてきます。
依頼者が悩んでいる点を総合的に捉え、関係する職種と連携し、解決策を見出していきます。

■1級
1級は、ハイレベルな知識が要求されます。
より実践的なアドバイスや改築プランなど、幅広い能力が求められます。
個人宅だけではなく、まちづくりへの参画など、都市計画に関連の深い業務にも携わるようになります。
緻密な配慮が必要になり、高い技量と様々な分野の職種をまとめ上げる調整能力が必要になってきます。


inserted by FC2 system