福祉住環境コーディネーターの意義・重要性

福祉住環境コーディネーターは、社会的ニーズが高まっている資格の一つです。
高齢者だけでなく障害者のための福祉も充実してきており、介護機器の開発や自立できる環境作りが重視されるようになってきています。

福祉住環境コーディネーターの意義は、高齢者や障害者が不安なく快適な毎日を過ごせるように勤めることでしょう。
高齢になったり、体に障害があると、運動能力が落ち、家の中でも不都合を感じてしまいます。
介護や福祉、建築などを総括的に捉えられるのが福祉住環境コーディネーターの役割です。

また、最近建てられた住宅やビル、マンションなどは、バリアフリー住宅として十分通用する余裕ある間取りが多く、床の段差を極力減らし、手すりなども効果的に設置されている家が増えています。
しかし、築年数の古い日本家屋などでは尺貫法で建てられている家も多く、住宅設備が老朽化している場合も少なくありません。
福祉住環境コーディネーターは、このような家に手を加えることで、快適な暮らしができるようにする必要があります。

家族構成の変化でもリフォームをする場合があり、将来を考えて介護しやすい改築を勧めるなど、住環境整備に役立つのが福祉住環境コーディネーターです。
安全な生活を築く上でその専門知識を使い、利用者を助けるという重要性ある資格なのです。


inserted by FC2 system