福祉住環境コーディネーターの取得者の傾向

福祉住環境コーディネーターの資格だけを単体で取得しても就職は難しいため、ほとんどの方は他に資格を持っている傾向にあります。
その理由は、仕事に活用できることが多いため。
福祉関係の仕事をしているホームヘルパーや社会福祉士、理学療法士、作業療法士の方の中には、取得を目指す方が多くなっています。

また、建築業界でも福祉住環境コーディネーターは注目されています。
高齢化社会では、快適なバリアフリー住宅の需要が急増中。
建築士だけではなく、インテリアコーディネーターやインテリアプランナー、家具の企画携わる方など、介護しやすく自立も促せる生活空間やインテリア作りに興味を持つ方も資格取得のために勉強をしています。

福祉住環境コーディネーターになるためには、家庭で介護をする上で役立つ情報が多く盛り込まれているからでしょう。
そのため、家族の介護をよりよくしたいと願う方も資格取得のために努力している方がいます。


inserted by FC2 system