福祉住環境コーディネーターの取得期間の目安

福祉住環境コーディネーターの検定試験は誰でも受験できるため、社会人だけでなく、主婦の方や介護関連の仕事をしたいと考えている学生もいます。
基本的な設問が多い3級・2級は、年2回の検定試験があります。
準備期間は、平均で3〜4ヶ月とされています。

通信教育では、標準的な学習期間を3ヶ月に設定しているところが多くなっています。
この期間中に教材で学習し、レポート問題を2回程度提出して模擬試験を行い、検定試験を受けます。
専門学校や地元の商工会議所が開くセミナーなどに通学して学ぶ場合も、期間はほぼ3ヶ月に設定されています。

なお、福祉住環境コーディネーター1級を受ける場合は、約6ヶ月の準備期間が必要になってきます。
より実践的な専門知識を学ばなければなりません。
1級の検定試験は、年1回行われています。
難関とされているため、かなり勉強しなければ合格するのは難しくなっています。


inserted by FC2 system