福祉住環境コーディネーターになるには

福祉住環境コーディネーターになるには、通学、通信教育、独学で勉強でする、という3つの方法があります。
最終的に、福祉住環境コーディネーター検定試験に合格すれば、業界で働くことができます。

現在では、この資格だけで仕事をすることはほぼ無いため、関係する業界で働きながら、資格を活かすことになるでしょう。
福祉・介護の世界では、福祉住環境コーディネーターの知識は、とても役に立ちます。
特に介護保険が開始されてからは、介護と住環境の整備は密接な関係があるとされ、資格を持っていれば就職や転職に有利になっています。

また、建築業界でも活躍することが予想されます。
建築士はもちろん、営業の方でも資格を取得しておくと、顧客と対応力ある人材だと認められます。
これは、福祉住環境コーディネーターの資格を取得することで、介護や福祉の知識が豊富であり、信頼されるためです。
最近では、リフォーム業界からも優遇されることが多くなっています。

資格を取得して仕事で経験を積めば、住環境を整えるプロとしての評価が高まります。
評価が高まれば、介護問題に詳しい建築士やケアマネージャーなどであると認められ、福祉住環境コーディネーターとして業務に当たる機会も増えていくのではないでしょうか。


inserted by FC2 system