福祉住環境コーディネーターの仕事内容

福祉住環境コーディネーターの仕事は、住環境を福祉の視点から見つめ、整備に必要なアドバイスをしたり、建築士やケアマネージャーと連帯して、安心して暮らせる住空間を作りあげること。
高齢者や障害のある方が負担なく生活できるバリアフリー住宅にするために、専門知識を活かして住み慣れた家をさらに使いやすくしていきます。

日本家屋は段差が多く、廊下も狭くなっているため、足腰の弱い方がつまずくことのないように、また、車椅子の使用が可能になるように家の中の問題点をチェックします。
そして、依頼者、医療関係者、建築関係者、福祉関係者とのまとめ役になり、実現していきます。

また、高齢者や障害のある方が自立した生活が送れるようにすることも福祉住環境コーディネーターの務めです。
依頼者本人の希望を組み入れて改築を進めたり、トイレやバスルームとなどをリフォームして快適に暮らせる環境を演出していきます。

まとめ役になるだけでなく、工事がきちんと施工されているのかを確認するのも福祉住環境コーディネーターの大切な仕事。
建築に関する知識を活用していく必要もあります。
福祉住環境コーディネーターは専門職の仲介をし、快適な住環境を整える役割を担っています。


inserted by FC2 system