福祉住環境コーディネーターの試験概要

福祉住環境コーディネーターの検定試験は、1999年5月に東京商工会会議所の主催で開始されました。
当初は3級の資格試験しかありませんでしたが、翌年からは2級試験が始まりました。
この年は介護保険がスタートした年であり、福祉や介護に関する資格に注目が集まり始め、2002年には1級の試験も始まっています。

福祉住環境コーディネーター試験は、年齢・学歴・性別を問わず誰でも受験可能。
問題はマークシート方式(1級では記述式の試験もあり)になっています。

試験の内容は、3級では基本的な福祉に関する知識、より良い生活空間についての問題が出ます。
2級では、基本的な知識はもちろん、実務に活かせる専門知識がかテストされます。

1級になると、さらに高度な知識が求められ、検定試験も難しくなっていきます。
福祉住環境の問題点を改善する手腕と安全な街作りへの対応など、より幅広い能力が要求されます。

なお、福祉住環境コーディネーターの試験問題は公式テキストから出題されます。
そのため、繰り返し学習しておくことが、合格への近道となります。


inserted by FC2 system