福祉住環境コーディネーターの適正

福祉住環境コーディネーターの資格を取得すると、多くの人と接して仕事をすることが多くなります。
依頼主である高齢者や障害者とその家族、工務店や住宅メーカー、介護用品メーカーの人などと関わります。
そのため、人と接するのが好きな方が向いている資格です。

また、相手の気持ちを理解すること、誠実さも大切。
介護や福祉に関する資格の多くは、家庭のプライベートにも関わるため、その家庭内の秘密を守る必要があります。
誠実で信頼感のある方が適しているでしょう。

さらに、依頼者の希望に沿って、細かい部分まで対応する必要もあります。
依頼者の年齢、障害の種類、住宅の大きさや間取りはそれぞれ違います。
臨機応変に対応し、最適な方法を様々な方面から検討していきましょう。

福祉住環境コーディネーターは、依頼者やその家族と相談し、ベストな方法にまとめられる柔軟な考えを持つ方が向いています。


inserted by FC2 system